Interview
社員インタビュー

Customer
Concierge

女性ならではの感性を活かし
この職種のトップへ

井上 真美/2015年入社

入社4年目の女性スタッフ。バドミントンやゴルフが趣味で、明るい性格と笑顔がお客様から大好評。一般事務として入社後、現在のCC(カスタマーコンシェルジュ)へと転身し、自動車の知識や接客のスキルも急成長中。会社や上司からの期待も大きい。

Interview Movie

Works
営業サポートの仕事

ショールームでの接客
お客様の受付やご案内
お茶出し
故障や修理の受付
自動車保険のご案内(営業不在時)
  1. 10:00 開店
    お客様対応やTEL受付など
  2. 12:00 昼食
    女性2人が交代で昼食休憩
  3. 19:00 閉店

「井上さんのおかげ」と言われたことで
芽生えた自信

この会社に入るまではクルマの知識がほとんどなく、車種なんてサッパリ分かりませんでした。ですから最初はお客様とコミュニケーションをとるのが不安で、緊張したり、テンパったり。お客様に希望のボディカラーを聞き忘れてしまうなんて失敗もありました。でも、分からないことは積極的に先輩たちに質問したり、まわりのスタッフの方々に支えられながら、ここまでステップアップすることができました。
今では、担当営業ではなく私に直接電話をしてきてくれるお客様もいますし、「井上さんのおかげで買うことができた」と言ってくれる方もいます。そういうお客様がいるからこそ、仕事が楽しくなりますし、自信にもつながりますよね。

男性スタッフが気づけないところをフォロー

CC(カスタマーコンシェルジュ)という仕事は接客がメインで、女性ならではの感性を十分に発揮できる役割です。例えば女性のお客様には、「ドアが軽いんですよ」「収納もたっぷりですよ」とか同じ女性目線でクルマの特長をご説明したり。他にもお子様連れのお客様へのちょっとした気配りなど、男性スタッフがなかなか気づけないところをフォローできるように心がけています。
Honda Cars 東総の中で、CCはまだ新しい職種ですが、全拠点で一番のCCと認められるようになるのが目標です。そのためにも整備関係のことも勉強して、お客様から「クルマのことは井上さんに全部任せて安心」と言われるような存在になりたいと思っています。